0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | ↑TOP
    0
      吃音を治すためにできる訓練がある?
      吃音の治療には、色々なものがあるはずです。

      吃音の原因は主に心因性によるものということから、薬物療法、催眠療法、呼吸療法等により、気持ちを落ち着け、リラックス(人それぞれリラックス方法は畭なりますが、お風呂に入る、マッサージされる、深呼吸をするなどが比較的代表的かもしれません)させるという治療法がとられます。

      不安や緊張、ストレスを取り去ることで、吃音の症状の緩和に効果がありますが、それと同時にトレーニングをしていくことで、より効果があがるでしょう。

      吃音の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)の一つとして、声を出す発声器官のコントロールが出来ていないこともあるからです。

      どれだけ心を落ち着けても、肝心の発声器官のコントロール(特に精神を制御するのが難しいといわれていますね)が行えなければどうにもならないでしょう。

      吃音症(人気キャスターの小倉智昭さんも幼い頃から吃音症で、プライベートでは未だに発症するのだとか)の人は、声を発する時に言いたい言葉を正しくスムーズに出せないという癖がついている場合があるのです。

      その癖を直すためのトレーニングを行うとを行うことで、どもることなくスムーズに話ができるようになります。

      癖には個人差があり、また、吃音の症状や年齢、生活環境によってはトレーニング方法が違ってきます。

      うまく音を出せるように、のんびりと音を伸ばす訓練を行う人もいれば、どもってもいいからとりあえず、繰り返し発声練習をする人もいるでしょう。

      忙しい社会人ならば、専門家によるDVDを見ながら自宅にてあなたのペースで行うこともできますし、小さなお子様なら、ことば教室などに通うのもいいでしょう。

      ことば教室(近頃ではエアコン完備なんてことも珍しくないんだとか)は、大人(社会的には、二十歳を超えると一人前として扱われることが多いですね。喫煙や飲酒の自由も得られます)向けに開催しているところもありますから、ぜひ利用してみてください。

      より本格的に、効果的なトレーニングをしたい場合には、医療機関に出向いて専門家によるトレーニングを行う事も出来ます。

      吃音に限らず、癖というのはなかなか治らないものですよね。

      トレーニング(何かの目的を持って行う訓練のことをいいます)がすぐに結果に繋がることはないので、結果を伴うにはそれなりの時間がかかります。

      長期戦になりますから、モチベーション維持のためにも、一人でトレーニングするのではなく、ことば教室(懐かしいと感じる人もいれね、嫌な思い出しかないという人もいるかもしれません)や医療機関でのトレーニングをおすすめします。











      続きを読む >>
      | 吃音 | 11:16 | comments(0) | - | - | ↑TOP
      0
        呼吸法で吃音を改善することは可能?
        吃音の改善には、正しい呼吸を行うことが必要になります。

        正しい呼吸法(呼吸の仕方を意識して変えることで、心身の機能の向上を目指します)とは、一般的に腹式呼吸のことを言います。

        腹式呼吸は、息を吸うとお腹が膨らみ、吐いた時にはお腹がへこむ呼吸法です。

        胸や肩が息で押し上げられ、リラックス効果が得られます。

        吃音は緊張することで、症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)の悪化へと繋がりますので、リラックスできる腹式呼吸(医学博士・二木謙三氏が推奨した二木式腹式呼吸法というやり方もあります)で呼吸することは吃音の緩和にとても効果的です。

        逆に、胸式呼吸で呼吸をすると、交感神経を刺激し、身も心も緊張状態になってしまうんです。

        吃音の症状のある人の多くは胸式呼吸であるといわれていますが、人前に出て緊張し、焦れば焦るほど胸の一部でしか呼吸ができなくなります。

        そして、交感神経が高ぶった状態が続くことで、吃音が悪化してしまうというわけです。

        不自然な呼吸になるのを防ぐためにも、意識して腹式呼吸を取り入れてみましょう。

        腹式呼吸のやり方は至って簡単です。

        誰でも手軽に、お金を掛けずに実践できるので、ぜひ試してみてくださいね。

        まず、お腹に手を当てて、息を吸う時にお腹に意識を集中してふくらますようにします。

        吐く時は、細く長くゆっくりと息を吐いてみましょう。

        そこでお腹が凹んでいけば、腹式呼吸ができていると言えるかもしれません。

        吃音の人でも、カラオケに行き歌っている時には症状が出ない方がいるものです。

        カラオケで歌(CDが売れなくなってきた反面、ダウンロード販売での売上が伸びているようです)っている時には、腹式呼吸によって息を吐き、お腹から声を出すことができているためです。

        他にも、腹式呼吸(色々なやり方があり、きちんと行おうとすると案外難しいものです)はヨガの呼吸法(腹式呼吸、胸式呼吸の他にも、逆腹式呼吸や片鼻呼吸などがあります)や座禅の呼吸法(呼吸のやり方を変えることで、心身をコントロールしようというものです)としても有名でしょう。

        心を落ちつける、リラックスさせるという点で共通しているみたいです。

        吹奏楽器の演奏者や歌手なども、最初は腹式呼吸の練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)をするほど、日常で多く使われている呼吸法(自律神経の訓練方法としても有名ですね)になります。











        続きを読む >>
        | 吃音 | 11:16 | comments(0) | - | - | ↑TOP
        0
          催眠療法は効果的!
          現時点で日本では吃音の治療方法で明確に確立されているような治療法は存在していないのが実状のようです。

          けれど、催眠療法士やセラピストによってはカウンセリング(カウンセラーがクライアントとも呼ねれる相談者の相談を受けることをいいます)が行われる催眠療法は、吃音の有効な治療法のひとつに挙げられています。

          実際、アメリカの医療機関では、吃音治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)でこの催眠療法を広く取り入れた改善事例が多々残されているようです。

          それでは何故、吃音が催眠療法で改善されると言われているのでしょう。

          そもそも吃音は神経症に分類されていて、吃音症が重症化する原因として本人が、「自分はどもっている」と強く自覚している精神的な緊張にあると認識されています。

          その度合いが強ければ強い程、人前で緊張したり焦ったりして、余計にどもりが酷くなる悪循環を辿ってしまうのです。

          催眠療法(うつ病やあがり症などに効果的だといわれていますが、個人差があります)では、本人さえも無意識のうちにこのような緊張を解き、心が解放された状態にさせます。

          そして、自分がどもっていると言う認識を排除させ、スラスラと話しているプラスイメージのみを潜在意識(意識することのできない心の奥深くにあると考えられている意識のことをいいます)にインプットさせるのです。

          そうする事で、吃音の矯正を行っていくのですね。

          しかし、催眠療法ですぐに効果が現れる方がいらっしゃる反面、催眠療法でも全く吃音が改善しない方もいらっしゃるのです。

          ただ、催眠療法は薬物治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)とは異なり、副作用の心配もありませんので、吃音の症状で悩んでいる方は試してみる価値はあるのではないでしょうか。

          また、ひとりの催眠療法士で効果が無かったとしてもそれで諦めるのではなく、いくつもの機関で試してみるのも大切ですね。











          続きを読む >>
          | 吃音 | 11:16 | comments(0) | - | - | ↑TOP
          SELECTED ENTRIES
          商品紹介
          CATEGORIES
          PR