0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | ↑TOP
    0
      吃音はツボ押しで治るのか?


      ツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)押しと聞くと、なんとなく肩こりや腰痛と言った肉体の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を改善してくれるようなイメージがないでしょうか?
       
      確かに、ツボを押すと肩こりや腰痛の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)の緩和になりますよね。
       
      けれど、ツボと言うものは、様々な病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)や身体の悪いところを改善する効果があると言われています。

      当然、不安や緊張を緩めて精神をリラックス(不安や緊張などのネガティブな感情が一切ない状態のことですね)させる効果のあるツボも存在します。

      吃音の原因は、緊張からくる焦りや不安だとも考えられているのです。 その為、このような気持ちをリラックスさせるツボを刺激する事で緊張を解消させ、吃音の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を改善させる事も可能となるでしょう。

      具体的には、吃音の改善に良いとされているツボとして挙げられているものに、「労宮」と「神門」があります。

      労宮は、手の平の中心あたりの部分で、人さし指と中指の間を下りた所にあるツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)です。

      指を握った際に、中指の爪の先があたる箇所でもありますね。

      この周りは手心と言われ、ここを揉みほぐす事で気持ち(日記を付けることで整理しやすくなるはずです)の高ぶりを抑え、落ち着くことも可能になります。

      神門は、手首の小指側の付け根のくぼんだ部分にあるツボです。 ここを刺激することにより、心を落ち着かせてくれたり、ストレスを緩和してくれたりする効果があります。

      ツボを刺激する際は力加減には気をつけ、少し痛くて気持ち(その時々で変化していくものです)良いと感じる程度にしておくといいですね。

      また、時間や回数にあまり拘る必要もないと思います。 時間が空いた際に手軽に実行出来る所が、ツボ押しの良い点でもありますから。






      関連サイト
      吃音の治し方!どもりを改善させる!

      | 吃音 | 17:57 | - | - | - | ↑TOP
      0
        吃音は呼吸法で治るのか?
        私たちが生きて行く為に当たり前のように行っている、「吸う」、「吐く」と言った行為。

        これが呼吸はずです。

        この呼吸のやり方1つで、吃音の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が改善されてしまうなんて、信じられないかもしれません。

        けれど、意識して呼吸を行う事で、吃音にとても効果が高いと言われているのです。

        例えば、ヨガを思い浮かべてみましょう。

        ヨガはとても深いリラクゼーション(心身ともにくつろいでリラックスすることですね)効果が期待出来る事でも有名なんですが、その理由のひとつにヨガの呼吸法(自律神経の訓練方法としても有名ですね)があります。

        この呼吸が、腹式呼吸です。

        私たちが通常行っているのは胸(昔から心はここにあると考えられてきました)式呼吸ですが、胸式呼吸だと心身を緊張させる交感神経を刺激してしまい、リラックス出来ない状態となっています。

        そこで腹式呼吸を行うと、肩や胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)等が自然に押し上げられ、横隔膜の下にある副交感神経を刺激して精神を落ち着かせ、リラックスさせる事が出来るようになるのです。

        吃音の症状は、極度の緊張状態によってより酷くなると言われています。

        胸式呼吸を行っていると、焦れば焦る程、呼吸が浅くなって交感神経がより刺激されて緊張が増していくのです。

        その為、神経のリラックス効果アリ腹式呼吸をマスターする事で、緊張する事なく人と話せるようになっていきます。

        最初の段階のうちは、胸式呼吸から丹田呼吸と呼ばれている腹式呼吸に切り替えてみる事から始めてみませんか?

        緊張するような場面では、意識しながら腹式呼吸(色々なやり方があり、きちんと行おうとすると案外難しいものです)を行う事で、リラックスしてスラスラと言葉が出てくるようになるかもしれませんね。











        続きを読む >>
        | 吃音 | 11:16 | comments(0) | - | - | ↑TOP
        0
          漢方で吃音が治るのか?
          一般的に「漢方薬」といえね、病院で処方されてるような西洋薬と比較して、即効果がなく効き目も弱いと言った印象がありますよね。

          けれど、その分、ゆっくりと身体の内側から体質改善して、健全な身体へと体調を整えてくれるのです。

          そんな漢方ですが、実は吃音の症状にも効果があると言われています。

          実際に、「この漢方薬を使うと吃音が治る」と言った、そのものズバリと言った漢方はありません。

          ただ、吃音の症状は人と話をする際の緊張感や不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)感が原因だと言われていますね。

          これは漢方の世界では、「気」が乱れていると考えられます。

          そして、このような時には、神経や筋肉の緊張を和らげる効果のある「芍薬(シャクヤク)」や「柴胡(サイコ)」、「釣藤鈎(チョウトウコウ)」と言った漢方薬が処方されます。

          もちろん、同じような吃音の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が出ていても、その方によって原因が違うと言った事も考えられますので、その際には処方される漢方薬の種類も異なってくるのです。

          実際に漢方薬を服用する事で、ちょっとずつではありますが、吃音が改善されているようだと自覚する方もいらっしゃるようです。

          また、西洋薬と異なり漢方薬は効き目も優しく副作用の心配もないのですので、お年寄りから幼いお子さんまで不安がなく服用する事が出来ます。

          近年では、漢方薬を専門としている医療機関(病院や歯科医院の他に、助産所、はり師やきゅう師などが施術を行う施術所、薬剤師が調剤を行っている薬局も含まれることがあるでしょう)もあるようですから、吃音の治療で漢方に興味があるようだったら一度訪ねてみては如何でしょうか。











          続きを読む >>
          | 吃音 | 11:16 | comments(0) | - | - | ↑TOP
          SELECTED ENTRIES
          商品紹介
          CATEGORIES
          PR